高速バスドットコム


高速バス・夜行バス比較・最安値情報




>>高速バスドットコム公式サイトはこちらから<<


往時と復路で別のバスタイプを利用したり、と組み合わせも自由に選べる!

旅費をおさえたい、時間を有効に使いたい、みんなとワイワイ楽しみながら旅行に行きたい・・・そんな方たちから昔から高い支持を得ているのが高速バスや夜行バスです。

 

高速バスは新幹線等に比べて価格がリーズナブルですし、深夜に移動する夜行バスは、バスの中で睡眠を取って目が覚めたら目的地、旅先での疲れを移動中に癒しながら帰ることができるという非常に効率的な移動方法。

 

複数で出かける場合も、マイカーのように誰かが運転手になる必要がないのでメンバー全員で楽しむことができるなどメリットがたくさんありますね。

 

 

そんな便利で経済的な高速バスや深夜バスを利用するなら、バスの比較・予約サイトの「高速バスドットコム」をぜひご利用ください。

 

 

「高速バスドットコム」は、全国各地の60社以上のバス会社が運行している高速バスを希望の日時やルートから簡単に選べるとっても便利なサイトです。

 

 

出発地や目的地、乗車日や乗車区間などから、希望にぴったりの高速バスを簡単に検索することができます。

 

 

また、最近の高速バスは、バスの種類が豊富なのも大きな魅力。

 

 

トイレの有無や、シートのサイズ、女性だけの専用便、車内特典やオプションなどから、より旅路を快適に楽しめるバスを見つけることができます。

 

全国各地の高速バスが掲載されたとても便利なサイトです!

「高速バスドットコム」の魅力はそれだけではありません。

 

 

こちらからバスを利用するたびに、バス乗車代金の2%がポイントとして還元され、次回以降の予約時に1ポイント=1円で利用できるのもうれしいですね。

 

 

また、窓側でないと車酔いしそうという方のために希望の座席位置のリクエストもあり。

 

 

他にも、行きと帰りに利用するバスを変更することもできるので、その旅の目的や状況によって柔軟に最適な高速バスを選べるのも「高速バスドットコム」ならではの嬉しいメリットです。

 

 

ただ、便利で経済的な高速バスですが、初めて利用する方は不安や心配も多いことでしょう。

 

 

そんなときは、「動画・写真で体験コーナー」をぜひチェックしてみましょう。

 

 

高速バス体験記や集合場所のご案内、サービスエリアの様子など知っておくだけで役立つ情報が豊富に紹介されています。

 

 

ここを見ておけば、高速バス初体験の方も安心して利用することができるはずです。

 

 

「高速バスドットコム」を利用するなら、まずは無料の会員登録を行いましょう。

 

 

マイページにて、予約内容の確認・変更・キャンセル、ポイントの確認などができるようになります。

 

 

予約方法は、パソコン・スマートフォン・電話の3種類。

 

 

お支払方法は、クレジットカード決済・Yahoo!ウォレット決済・コンビニ決済からお選びください。

 

 

楽しくオトクな高速バス・夜行バス探しは、便利で使いやすい「高速バスドットコム」にぜひお任せください。

 

最新の格安バス情報をリアルタイムでチェックできます。

旅行や地方に帰省するとき、皆さんはどんな交通機関をお使いでしょうか?

 

 

自家用車・新幹線・飛行機などなど、様々な交通機関がありますが、どれも大型連休になると大混雑になりますよね。

 

 

そんな時、検討案に入れて頂きたいのが、高速バスドットコムです。

 

 

高速バスドットコムは、その名の通り、高速バスの予約サイトになります。

 

 

高速バスは、基本、深夜に走行し目的地まで行く乗り物です。

 

 

ですから、長距離移動の物が多くなります。

 

 

しかし、長距離にも関わらず、料金はとてもリーズナブル。という所が魅力的です。

 

 

例えば、東京→大阪に行くとします。

 

 

自家用車ですと、約8時間前後かかる移動距離ですね。

 

 

その間、ガソリン代や高速代など、様々な料金がかかってくるでしょう。

 

 

これが、高速バスですと、片道1800円〜といった驚きの安さです。

 

 

これは最低単価になり、大型連休やバスのグレードなどにより、値段が変化しますが、それでも、自分で行くよりかは各段に安いと思います。

 

 

もちろん、路線はこれだけではありません。

 

 

高速バスの出発地は全国にありますので、ご自身が住んでいらっしゃる県から出発地を指定し、目的地までの高速バスが走っているかどうか、検索することができます。

 

 

また、高速バスは、帰省だけでなく、交通費を安く旅行を楽しみたい。という方にも人気の交通機関となっています。

 

バスだからこその格安ツアーが充実しています。

夜バスの中で寝て、朝には目的地についているので、観光する時間もたっぷりとれますね!

 

 

ここで、バスの中で寝る?!と思われた方もいらっしゃると思います。

 

 

バスと言えば、あまりゆったりとしたシートのイメージがないものですから「寝づらそう」な印象ですよね。

 

 

しかし、昨今の高速バスは、様々なタイプのバスをご用意しています。次はそちらをご紹介しましょう。

 

 

スタンダードタイプ

 

お値段が一番お得になる高速バスです。

 

ただ、シートは通常の観光バスの物になりますので、幅の狭さが気になる方はお勧めできません。

 

とはいえ、リクライニングも可能ですし、このタイプのバスの中にはVODシステムを搭載したものもあります。

 

 

3列シートタイプ

 

2席+1席タイプの座席シート配置バスで、広々とした空間づくりができます。

 

 

3列独立シートタイプ

 

こちらは、各座席の間に通路があり、それぞれが完全に独立したシートになっています。

 

空間をのびのび使える他、プライバシーにも配慮できるバスシートです。

 

 

4列のびのびシートタイプ

 

スタンダードタイプと比べ、足元の空間が広々しているタイプの座席です。

 

レッグレスト、フットレストが付いたバスもあり、リクライニングをすれば「寝ている」感覚を味わえるシートになっています。

 

 

如何でしょうか。

 

 

色々な座席がありますよね。

 

 

このほかにも、女性専用やトイレ付き、コンセント付きバスなどもありますので、ご自身の目的に合ったバスが見つかるかと思います。

 

日本全国各地を結ぶ高速バスドットコムの魅力

夏や冬などの行楽シーズンにおいては、日本全国に旅行を検討される方が多いはずです。

 

 

実際に一番、旅行する上でネックとなるのは旅行代金ですが、なかでもその半額に近い割合で交通費がかかることが課題となります。

 

 

交通手段としては、電車、飛行機、バスなどの様々な手段が存在しますが、なかでも高速バスは日本全国各地の交通手段として利用すると非常に便利な存在です。

 

 

そしてネット上の高速バスドットコムでは、旅行に適した高速バスを探す上で便利な存在となります。

 

 

その理由としては、条件によって適合した高速バスや夜行バスを24時間検索することが可能で、例えば人気路線、出発日、利用人数、座席タイプなどを細かく指定することで旅行に適したバスを検索できます。

 

 

その他にキャンペーンなども豊富に掲載されており、宿泊場所やレンタカーとのセットでさらに利用しやすい料金を実現できる側面もあるのです。

 

 

また高速バスドットコムでは会員登録制を実現しているため、必要事項を記載して会員になれば、様々な特典を受けることができます。

 

 

それについてはバスの乗車代金の2%をポイント還元してくれたり、予約時に指定座席希望も可能です。

 

 

しかもよくありがちなことに集合場所を迷ってしまうことも多いですが、その写真や動画なども満載であるため、集合場所を解りやすく伝えてくれるメリットも存在します。

 

比較項目が充実しているから、絞込みが楽々!

なおカスタマーサポートとしては、メールや電話によるお問い合わせも実現していて、お支払い方法もコンビニ決済、クレジット決済、Yahooウォレット決済まで対応しているのです。

 

他にはバスのタイプを詳細に解説してくれていたり、おススメの路線やおススメの旅行の情報を提案してくれる側面も見受けられます。

 

従って、交通費などの経費をなるべくかけずに旅行を実現したい場合には、まずは高速バスドットコムにアクセスを行うことから始めると良いです。

 

 

他の交通手段でもある電車では乗り換えが必要だったり、飛行機なら空港まで行かなくてはなりませんが、高速バスならそのバスに乗ってしまえば、あとは目的地にたどり着くのを待つだけですので楽な移動が行えます。

 

 

なかでも電車、飛行機は全体的に交通費が割高になるケースも多く、旅行代金を押し上げてしまいます。

 

 

しかし高速バスドットコムで探した高速バスであれば、その交通費も電車や飛行機などと違って、割安になる可能性も高いです。

 

 

よって日本全国への旅行や帰省などを計画されている方にとっては、高速バスドットコムは使い勝手も良く、ぜひとも一度は検索してみたい存在として活用すると良いでしょう。

 

 
inserted by FC2 system